痛みの少ない矯正

インプラントオフィス大通

メール相談

facebook

011-271-6551

キービジュアル

好きな時にやめられる!

1回4万円(分割可)

毎月の調整料0円 /
追加費用0円 /
保定管理料0

マウスピース

矯正は痛い。
このようなイメージを
持っていませんか?

痛みが少ない矯正として「マウスピース矯正」をお勧めしています

矯正治療はつらい痛みが何年も続き、ご飯を食べるのも一苦労。
今まではこれが「仕方がないこと」と思われてきました。

院長

しかし、当院では「マウスピース矯正」を利用し、従来よりも痛みを軽減した治療を行っています。

マウスピース矯正で取り入れている理論に、「ライトフォース(弱い力)」というものがあります。
つまり、適切な弱い力で歯を動かすという考え方です。

ここまでお読みいただくと、次のような疑問が浮かんでくるのではないでしょうか?

「力を弱くして歯はちゃんと動いてくれるの?」
「痛くない代わりに治療期間が長くなるんじゃない?」

ごもっともな疑問です。

加える力が強ければ強いほど、歯がしっかり動いて治療期間も短くなる。
確かに従来まではそのように考えられていました。
しかし、この考え方は「間違い」ということが最近の研究で判明しています。

少し専門的なお話になってしまいますが、歯の移動は骨代謝(骨の新陳代謝)によってなされています。
骨代謝が促進されることで、歯の動くスピードが速くなるのです。

しかし従来の方法では、骨に栄養を供給する血管が潰れてしまうほどの力がかけられていることがありました。これが治療期間の長期化を引き起こす原因となっていたのです。

  • 従来の矯正
    従来の矯正
    矯正力が強すぎて毛細血管がつぶれ、歯の移動に必要な代謝活動が阻害されていた。
  • ライトフォース理論
    ライトフォース理論
    血管の弾力より弱い力をかけるため、毛細血管をつぶさず代謝活動を妨げない。

この考え方は「マウスピース矯正」だけでなく「ワイヤー矯正」にも取り入れられています。
しかし「痛みが少ない」点で考えると、ワイヤー矯正よりもマウスピース矯正に軍配が上がります

「痛み」の度合い

  • ワイヤー強い
  • マウスピース弱い

その理由は、マウスピース矯正はAI技術を利用し、最小限の痛みで、最大の効果を達成させる適切な治療プランを設計しているためです。

基本的にワイヤー矯正は矯正医、つまり人間が行うため、ミクロン単位の微調整はどうしてもAIに軍配が上がります。

もちろん「痛みがゼロ」というわけではありません

マウスピース矯正は従来の矯正方法よりも痛みは軽減されますが、「痛みがゼロになる」というわけではありません。装着直後は締め付けられるような痛みを感じます。しかし、我慢できないレベルのものではなく、かつ、人によっては数時間で慣れてしまうレベルのものです。

矯正治療の「痛み」に関して気になっている方は、マウスピース矯正をお勧めします。

初診「個別」矯正相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

24時間web予約

メール相談

【電話での問い合わせ】

電話

【医院の住所】

〒060−0001
札幌市中央区北1条西4丁目1−1 三甲大通公園ビル2階

このページの先頭に戻る